*

岡太神社の一時上臈

   

公開インタビュー「岡太神社宮司に聞く」2014年11月30日(日)という講座が
鳴尾図書館であったので聞いてきました。

郷土資料館の学芸員さんがふだん民俗学などの聞き取りに行った時の様子を
一般の人の前で見てもらおうということで、学芸員さんが宮司さんにいろいろと
質問をしながら情報を得て行く形式でお話が進みました。
s-CIMG9290 s-CIMG9297
中でも今回の主題は、秋祭りに行われる一時上臈(いっときじょうろう)です。
平安時代からというこの祭りは旧暦の9月9日~11日に行われていましたが、
明治に新暦になってからは月遅れの10月9日~11日に収穫祭である秋祭りを
行うようになったそうです。

その時に祭事のいろいろを担当するのが北講と南講に分かれた地元の氏子で、
各講中十数軒の中から頭屋(とうや)といわれる当番を毎年一軒決めていました。
頭屋の家に集まって幣(へい)の一種の蓋(かい)という紙飾りを作ったりして
祭りの準備を始め、祭りの日には供物を入れた唐櫃に蓋を飾ったものを
頭屋の家から行列を仕立てて神社へ奉納していたそうです。

ただ世の中の変化に伴い、自宅でそれだけの場所が取れないということなどから
頭屋の家で作られていた蓋も神社の社務所を借りて作業するようになり、そのまま
祭りの日まで神社に保管されるようになったので、頭屋の家から行列をして
奉納することも昭和45年頃にはなくなったそうです。

このように昔ながらの講による祭りの維持も大変になったので一時上臈保存会が
作られ、昔の講の家だけでなく新しい家も加わって神事は続けられていますが、
聴講者の中から「歴史あるお祭りだから何年かに一度とかでも行列が復興されたら
いいですね」という意見もありました。

今回、蓋の実物を見せていただいたり、供物の内容についてもお話がありましたが、
干ばつに強い早生の米や、飢饉のときの助けになる栗・柿・柘榴などの各家が庭に
植えているような果物を供える決まりはあるけれど、不思議なことに川も海も近い
鳴尾にあるのに魚を供える決まりがないなど、興味深いお話を聞くことができました。

 

 -歳時・伝統行事, ,

  関連記事

下山口上山口のだんじり小屋

西宮市北部の山口町のだんじり庫の見学会に参加しました。 郷土資料館の企画で普段は見れない飾り付けをす

2009 越木岩神社

夏越の祓い

一年の半分が過ぎようとし、年に二度ある厄除行事である大祓(おおはらえ)の、 「夏越の祓(なごしのはら

西宮神社の逆さ門松

正月の西宮神社の拝殿前に「逆さ門松」というちょっと変わった門松が作られます。 松の枝が下を向いている

住吉神社の夏祭

西宮砲台の近くの住吉神社の夏祭へ行ってきました。 平成になった頃にだんじり巡行は途絶えたそうですが、

2012.7.8.

福應神社の夏祭

この夏の郷土資料館の特別展示は西宮市内の神社のだんじりについてです。 それに関連して祭りやだんじりを

白鹿の酒林の付け替え

新酒が出来た印として酒屋の軒先につりさげられたという「酒林(さかばやし)」。 白鹿(辰馬本家酒造)の

岩倉具視

名塩八幡神社のとんど

名塩八幡神社では、成人の日または1月15日に近い休日に左義長(とんど)が おこなわれますが、早朝の4

2012.6.14.

西宮神社おこしや祭

6月14日はえべっさんが西宮神社へやって来られたという日だそうです。 現在のお祭りでは、西宮神社本殿

めぐみ廣田の大田植

5月の最終日曜日は広田神社のお田植え祭です。 本殿前での神事のあと、行列を連ねて神饌田へ向かい田植え

菰冠りと焼印

白鹿記念酒造博物館で「菰冠りと焼印」という特別講演会を聞いてきました。 (2016年3月19日) 焼