ル ベナトン

会いに行きたくなるシェフがいます~親しみ感じる夙川フレンチ~

グルメ

タグ :

今回、「西宮を知らない宮っ子S」は、夙川にあるフレンチレストラン「ル ベナトン」の取材に同行した。

フレンチはハレの日に食べる特別な料理と思っていたので、店主の気さくな人柄と熱心なサービス精神に驚いた。

この驚きを伝えることで、来店されたことのない方にお店の魅力を届けたい。

店主の高谷さんは、旬の食材を毎週産地へ赴き、その場で目利きして仕入れている。

確かに、頂いたヌイユには皮付きの姫ニンジンや四角豆といった野菜が入っており、聞いたことのない野菜だったが甘みと新鮮さを感じてとてもおいしかった。

また、高谷さんはワインにもこだわられている。

自身が修行したフランスの中でも名高い、ブルゴーニュ地方のワインを揃えている。

銘柄は実に100銘柄を超え、店内にはとても大きなワインセラーがある。ワイン通にはたまらない光景であり、ワインが飲めない筆者もその光景に目を奪われた。
ル ベナトン

そんなワインにまつわる興味深いお話を高谷さんから聞くことができた。スペシャリテの「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」を食べたフランス人客から、「ふるさとの味を思い出した。」と言われたそうだ。

本場の味に強くこだわる高谷さんにとって、これ以上ない感想だっただろう。

また、メニューにない料理のオーダーも引き受けるそうで、そのような状況に常時対応できるよう、余裕のある量の食材を用意しているとのことだ。

お子様メニューはないそうだが、嫌いな食材を抜いたり、パスタを作ることもあるそうだ。

お客さんとのエピソードを次々に話された姿や、「お客さんが喜んでくれるのが1番」と笑顔でおっしゃった姿から、フランス料理が心から好きであることがひしひしと伝わった。

その思いが原動力となって、前述した完成されたサービス提供を可能としているのだろう。

「良い店は、料理・サービス・ハコ(店)で決まる。」そう語られたとおりのお店だった。

初来店の方は多く、大半を占めるようなので、これを機にフレンチを食べたことのない方も是非「ル ベナトン」で本格フレンチを食べてもらいたい。

住所 兵庫県西宮市寿町4-12
電話 0798-37-2655
定休日 毎週水曜日 不定休で月に2日
営業時間 
ランチ 11:45~14:00(ラストオーダー)
ディナー 18:00~21:00(ラストオーダー)
ホームページ http://benaton.net/

 

著者 : 編集部

投稿日時 : 2018-09-06 11:41:15

更新日時 : 2018-09-11 12:59:27

こちらの記事もおすすめです

フォローしてね〜! 西宮流channels

Instagram

@nishinomiya.style
follow us in feedly

西宮流の最新情報は、各種SNSでお知らせしています。 フォローしておくと、西宮流が更新された時にあなたのタイムラインに届きます。 どれでもお好きなのをフォローしてくださいね!