トピックス

株式会社ライト建設

津波で打ち上げられた重さ160トンの捕鯨船を、持上げて海へ戻した巨大なクレーン――「捕鯨船、海へ戻る」などと、新聞などで報じられたのを目にされた方もおられるでしょう。あのクレーン、実は西宮から馳せ参じたものだったのです。

捕鯨船の吊り上げ。石巻では、捕鯨船2隻と、生簀船1隻を吊り上げた。

捕鯨船の吊り上げ。石巻では、捕鯨船2隻と、生簀船1隻を吊り上げた。

大もの運びはおまかせ。被災地の復興支援にも一役

ご紹介するライト建設は、大型のクレーンやトレーラーを多数保有し、大きなものを動かすことがあれば、全国どこへでも出かけていく会社。
製鉄所の炉、巨大な船のカジ、電車、消波ブロック・・・。全長20メートル以上あるトレーラーやクレーンで、どこにでも運んでいきます。
この仕事はひと言で言えば「段取り」がすべて。道路許可をとり、深夜、前と後ろに誘導車がつき、時速5キロで慎重にソロリソロリと運んでいくのです。「カドが曲がれるか」「歩道橋、電線など引っかかるものはないか・・・」など、』事前準備が正否」を握ります。
大型のトレーラーやクレーンを保有し、それを使った

大型重機の運搬技術のノウハウでは“知る人ぞ知る”会社

なのです。

東日本大震災後は、水産庁や地元の漁協、県の水産課などから相談が相次ぎました。

まず取り組んだのが、震災で大きな被害を受けた石巻からでした。
重さ160トン、長さ30メートルの捕鯨船を、海に戻すことができるか、という問い合わせです。

入念な下準備、今回は無し。駆けつけてよかった、石巻

普通は、経路も入念に検討し、また先遣隊が図面などを事前に入手し、重量も把握するなど事前に入念な準備をするのですが、今回は事前準備は無いに等しいものでした。

「でも、とにかく行こう!

自分達も阪神大震災の時は苦労をして、またいろいろな方々に助けられたんだ。少しでもお役に立てるなら・・・」と、即決しました。

石巻の現場へ向かう途中の道。何もかもが 流されたあと、かろうじて車が通るスペースが確保された細い道を、細心の注意を払いながら進む。

石巻の現場へ向かう途中の道。何もかもが 流されたあと、かろうじて車が通るスペースが確保された細い道を、細心の注意を払いながら進む。

石巻までは、900キロの道のり。フェリーも使い5日間かけ到達。とにかく異例づくめです。宿泊するところは探しながら、吊り上げる船の図面や資料類は津波で流されており、打合わせは船主さんと立ち話し程度で、といった具合です。

「なんとかお役に立ちたい、お手伝いしたい」という気持ちがあればこそできたのではないかと、振り返っています。一生、忘れられない仕事になりましたよ」と、岡本社長。

被災地での活躍が報道されて、「こんな会社が地元にあったのか」と知られるようになってきましたが、ライト建設さんの仕事は、実に広い範囲で私たちの暮らしを支えています。そのいくつかをご紹介しましょう。

話題になった、喜んでもらった、ライト建設のヘビーな仕事の数々

まず、近いところでは、関西空港や神戸空港。周囲を取り囲む消波ブロックの設置工事があげられます。関空では73%の消波ブロックを、神戸空港では3万6000個の消波ブロックが、ライト建設の仕事です。

世界最大級の貨物機アントノフが中部空港に運んできた、ガスタービン発電機を、こんどは港に行き船に載せ替える仕事。ジョーズのようにパックリ開けたアントノフの前部から、ライト建設の大型トレーラーに載せ替える様子は圧巻でした。

阪神大震災では、傾いた金融関係の入居するビルから、金庫を吊り上げて“救出”したこともあります。この時はクレーンのブーム(腕にあたる部分)が100メートルの長さであったとのことです。

大型輸送機アントノフから降ろしたタービンを、大型トレーラーに積み替えて運ぶ。 中日新聞に掲載された記事。

大型輸送機アントノフから降ろしたタービンを、大型トレーラーに積み替えて運ぶ。 中日新聞に掲載された記事。

深夜の大型トレーラーの移動風景。前後に先導車がついて、時速数キロで進む。

深夜の大型トレーラーの移動風景。前後に先導車がついて、時速数キロで進む。

大阪府泉大津市にある、車輛基地。 5000坪と広大。

大阪府泉大津市にある、車輛基地。 5000坪と広大。

長さ42メートルの塔をトレーラーに積んだところ。 右の前方にあるのがトラクター。中間よりやや左に台車を連ねている。

長さ42メートルの塔をトレーラーに積んだところ。 右の前方にあるのがトラクター。中間よりやや左に台車を連ねている。

250メートル吊のクレーンを、トレーラーに積んだところ。クレーンは分解して運搬する。

250メートル吊のクレーンを、トレーラーに積んだところ。クレーンは分解して運搬する。

[box type=”info”] 西宮についてお聞きしました

西宮市今津にあるライト建設。「新幹線に乗るのも、3つの空港にいくのも、とにかく西宮は便利。出張が多いので、このロケーションは最高です」と、岡本社長。

[/box]

株式会社ライト建設 岡本社長(左)と井上技術次長(右)

株式会社ライト建設 岡本社長(左)と井上技術次長(右)

[box]

株式会社ライト建設

  • 本社:兵庫県西宮市今津山中町6番21号
  • 電話:0798-34-0022
  • 大阪営業所:大阪府泉大津市汐見町59番地1
  • 電話:0726-33-9963
  • ホームページ:http://www.light-k.co.jp/

[/box]

今日の写真

11月24日

今日はオペラ記念日阪神淡路大震災からの復興のシンボルとしてできた「兵庫県立芸術文化センター」は佐…

新着投稿

おすすめ記事

  1. 福男
  2. 西宮北口駅前 涼宮ハルヒの聖地 ハルヒ時計
  3. 工作ひろば
  4. 甲子園のツタ
西宮北口ハウジングギャラリー
活性リンパオイルマッサージ ボディラボプラス
プレゼント
ようこそ甲子園へ
西宮風景箱 野球場のある風景 好評発売中!
西宮ストークス
西宮観光協会
西宮市
PAGE TOP