花いっぱいで美しい西宮♪近場で楽しんでみませんか??

西宮神社

桜の花こそ遅かったですが、今年の春は花の開花が早いですね。
まるで北国のように、一気にいろんな春の花が咲き乱れています。

近くの小さな公園や街路、神社の境内にも花は多いですが、
そんな西宮での花めぐりのお助けになりますようにとまとめてみました!!

藤(フジ)の花

昔から、公園や学校には必ず藤棚がありました。
西宮で「藤(フジ)の公園」というと、鳴尾の角間公園ですが、最近は少し花の勢いがなくなってきているようですが、藤棚の面積的にはここが一番でしょう。

西宮神社のフジもきれいですね。おかめ茶屋の前にある藤棚の下で甘いものも最高です!
甲子園素戔嗚神社も、きれいに咲いています。

さくらが美しかった震災記念碑公園の藤棚も大きいですね。

関西学院大学は、一般人も気軽に入れるキャンパスですが、このキャンパスの日本庭園のフジも見事です。関学校内の新緑時期のお散歩記事はこちら➡

関学の近くにあるゆりのガーデン(地図べり資料館横)も、きれいな藤棚があります。

規模はそう大きくないですが、能登町にある「笹倉鉄平ちいさな絵画館」の入り口もかわいい藤が出迎えてくれます。笹倉鉄平氏の作品と一緒にどうぞ➡

2024年から、芝桜(シバザクラ)がタイム・ロンギカリウスに変わりました

長年、芝桜の斜面としておなじみだった地すべり資料館前の傾斜地が、今年からハーブの一種の「タイム・ロンギカリウス」に変わりました。
芝桜の鮮やかな色から一転したので、少し地味な感じですが、風に乗ってくる香りもお楽しみください。

地すべり資料館のタイムロギンカウリス
地すべり資料館

仁川百合野町にある地すべり資料館横の緑地は、地域の方々のボランティアで整備されていますが、ここも四季折々にきれいな花が咲きます。

四季折々に楽しめる緑地の花

傾斜地に植えられている芝桜は、お手入れがなかなか大変なようですが、西宮ではここが一番きれいですね。ここでは、この後ハナショウブもきれいです!!

地すべり資料館 
2023年までの芝桜

ヒラドツツジ・キリシマツツジ・サツキ

ツツジはちょっとした公園や街路によくみられる花ですね。
ヒラドツツジの壁が出現する場所があるのでご紹介しましょう。

今津西線の神戸女学院西門の近く(黒木 敦朗 撮影)

キリシマツツジは、日野神社の一角が見事です。

西宮市役所本庁前の街路は、サツキで赤く染まります。

バラ

バラは春春と秋の二季咲が多いですね。
西宮でバラが美しいのは、瓦林公園➡アンネのバラ教会➡鳴尾浜臨海公園➡北山緑化植物園➡すみれ台中央公園➡などでしょうか??

バラの花はとても手入れが必要ですが、阪急西宮ガーデンズのスカイガーデンもきれいですね。

鳴尾浜臨海公園南地区
鳴尾浜臨海公園
アンネのバラ「花の名所づくり」
アンネのバラ教会

カキツバタや花菖蒲

水辺に咲く花ですが、カキツバタも5月に入ったら見ごろを迎えます。

神池のカキツバタ

花菖蒲は、カキツバタの後5月末ごろでしょうか?
西宮でカキツバタや花菖蒲がきれいな場所・・・と言えば、西宮神社の神池でしょう。

西宮神社
神池西側の花菖蒲

仁川百合野町にある地すべり資料館横の緑地の疎水の花菖蒲も静かに鑑賞できる場所です。

西宮でゆっくり花が鑑賞できる公園

北山緑化植物園

入場料無料で開放されている公園です。山手の傾斜地を利用していつ行ってもお花に出会える公園です。
これからの季節、ツツジやバラ、花菖蒲などお弁当を持ってゆっくり行くのもおすすめです。

北山緑化植物園2
傾斜地路利用した園内

鳴尾浜臨海公園

海に面した広大な公園は、芝生広場や海釣り公園などもあります。
これからの季節は、バラやネモフィラもきれいですよ!!

花の名所公園(通年)

西宮には公園が約470ヶ所以上あるようですが、今から40年ほど前、市制60周年の記念事業として進めた「花の名所づくり公園」があります。
春だけではなく通年の情報ですが、参考にしてみてください。

投稿日時 : 2024-04-22 17:51:59

更新日時 : 2024-05-03 11:20:36

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

西宮流 (にしのみやスタイル) の新着記事