*

調査団 古文書班・190822・古郷帰り

      2019/08/27

浜石在町宗門帳には浜東町では見なかった表現も出てくるようになりました。


浜石在町のこの家に同家として暮らしているりつが、浜東町の大明屋清兵衛家に
同家として暮らしている万兵衛(りつの家族か?)のもとに帰るようです。

浜東町宗門帳では「戻る」「帰る」「返る」のような書き方だったと思うのですが、
ここでは「古郷帰り致す」となっています。
「ふるさと」と読むと今なら距離的に遠いイメージですが、この当時は親元へ帰る
という意味合いぐらいなのでしょうか。

この時の浜東町の宗門帳が残っていたら、移動の記録があるかもしれません。

-活動日2019.822.(木)  団員10名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・151120・判子の文字

宗門帳の調査で直接は関係ないのですが、いろいろな判子があるなと気になります。 勉強しようと思ってもな

調査団 古文書班・130118・鳴尾の旦那寺

「濱東町 安政六己未歳十月 借家 一向宗門帳」に出てくる旦那寺ですが 鳴尾村には四軒もありました。

調査団 古文書班・130613・代判人変更

代判を押す人が変わって、冊子の途中から判子が変わっているケースがありました。

調査団 古文書班・190426・筆写開始

浜石在町宗門帳96冊の調査台帳作成が前回終わり、いよいよ筆写スタートです。 今までは見たそのままをノ

調査団 古文書班・150514・大阪の旦那寺

摂津国嶋下郡は今の大阪府吹田市や茨木市あたりになります。 法性寺という寺は地名辞典では見つけられず、

調査団 古文書班・161216・備中屋利助

今日は北口図書館で開催中の「西宮歴史”発見”物語」を紹介するニュースを 見た

古文書

調査団 古文書班・120822・よく似た崩し字

久しぶりの古文書班の活動でした。 「一ヶ月ぶりだとせっかく慣れてた頭がにぶってるなぁ」と苦笑いしなが

調査団 古文書班・130711・禅宗旦那寺

まだ翻刻の途中ですが、ざっと見たところ禅宗の旦那寺は西宮町の寺ばかりのようです。

調査団 古文書班・150918・同家

人の移動に関して「同家」というものもあります。 同居人の意味合いではあるのですが、親戚なら続柄を書く

調査団 古文書班・131119・印の変更

理由はわからないのですが、ハンコが変わっているケースがありました。