名塩八幡神社

← 前のページに

西宮市名塩1丁目2-3   0797ー61ー0210

創設年は不明だが文明年間(1469~1486)以前と推定されている。
現在確認できる一番古い年号は石の鳥居の寛延4(1751)年の銘。

だんじりが出る秋祭りと名塩八幡神社の左義長(とんど)は多くの人で賑わう。

10月19日、20日には秋の例祭が行われ、旧名塩村の8つの地区から地車(だんじり)が出る。
狭い道を行くだんじりは、彫り物も素晴らしく一見の価値あり。

「とんど」は成人の日、または1月15日に近い祝日に行なわれ、前日までに高さ5m~6mの円錐形にくみ上げられ、篠竹で化粧されたものに早朝4時から点火される。

明治12年に岩倉具視が奉納したという石灯籠一対がある。
岩倉具視といえば、西宮神社の境内には東京丸の内にあった岩倉具視の私邸の一部「六英堂」が移築されている。

Table of Contents