西宮流 用語集

左義長(とんど) (名塩八幡神社)

← 前のページに

「とんど」は成人の日または1月15日に近い休日に行なわれる行事で、全国あちこちで行われている。

名塩八幡信者のとんどは準備にとても時間がかかるきれいな篠竹飾り。
そして早朝の4時から神事が始まる。
前日までに高さ5m~6mの円錐形にくみ上げられ、篠竹で化粧されたものに神事の後に点火する。

明治12年に岩倉具視が石灯籠一対を奉納したという名塩八幡神社
岩倉具視といえば、西宮神社の境内には東京丸の内にあった岩倉具視の私邸の一部「六英堂」が移築されています。

篠竹できれいに飾られる

名塩八幡神社 >>>

タグ: