三島有紀子

← 前のページに

映画監督。
『ぶどうのなみだ』『繕い裁つ人』(2015年公開)『幼な子われらに生まれ』(2017年公開)『ビブリア古書堂の事件手帖』など多くの作品がある。

出身は大阪だが、大学は神戸女学院大学で、小さい頃から映画監督になりたかったという三島さんは在籍中に自主映画を撮っている。

三島有紀子

NHKを経て映画監督になったが、震災から復興した神戸の街で撮った映画『繕い裁つ人』の中で、西宮でもいくつか撮影されている。
出身校の神戸女学院の図書館や主人公のテイラーの師匠の店として撮影されたのが、阪神の西宮駅近くの洋装店だった。
三島有紀子監督の当時のインタビュー記事はこちら>>

その後『幼な子われらに生まれ』では、主人公が住む街として名塩ニュータウンをロケ地に選んだ。
これは、かつて高速道路から見たニュータウンの景色が作品にぴったりということで、わざわざ日程調整しながらの撮影となった。
ロケ地紹介はこちら>>
公開後、ご縁があって名塩にある北部図書館でトークショーが開かれた。
エキストラで参加した方や、撮影現場を見かけていた方々などが集まり、盛り上がったトークショーだった。
三島監督のトークショーの様子はこちら>>

Table of Contents