具体美術

← 前のページに

日本における戦後初の前衛的な アーティストが集まって『具体美術協会』がつくられた。

嶋本昭三氏の瓶投げアート「平和の証」

「我々の精神が自由であることの現行の具体的な証明」を意味するという事から「具体」という名称になったようだが、 1954年に芦屋市で結成 されているが吉原良治氏の死去に伴い協会は解散となった。

結成時のリーダーは吉原治良氏。
この具体と西宮は深い関係があるが、リーダーだった吉原 治良氏は関西学院高校卒の藤田嗣治氏に師事した美術家で、1954年には家業の吉原製油の社長になっている。
吉原製油は西宮の鳴尾に工場があった。

吉原製油・ゴールデンサラダ油の広告(S44)

また具体に参加したアーティストの中にも、西宮市内に作品があったり、西宮に住んだ人も多く、西宮市大谷記念美術館でも作品展が開催される。
西宮と関係があるという事では、 吉原良治氏の 他に、嶋本昭三氏、正延正俊氏、村上三郎氏、元永定正氏、 松谷武判氏などがおられる。
(この他にもおられましたら、ぜひお教えください)

吉原良治氏による具体美術宣言はこちら➡

Table of Contents