学園花通り

← 前のページに

関西学院大学がここ上ヶ原に移転したのは1929年。
正門前の道から時計台、甲山という一直線の軸を中心に考えてヴォーリズ建築が配置された。

当時は、現在の上甲東園一体は、大阪で不動産業を営む芝川家の果樹園が広がっていた場所。
阪急の甲東園駅から関学へと続く道は、この頃、果樹園に行くための道として作れていた芝川家の私道だった。
この果樹園の名残が、現在の甲東梅林➡︎

桜が「市花」である西宮には、桜のきれいなところが多い。
関学前のこの通りも関学の時計台や甲山を借景にしたさくらの名所の一つで、絶好の写真ポイント。

道路に愛称をつけるという市の事業で、関学の正門前に東に通る道に「学園花通り」という名前がついた。

さらに2014年からは、市の無電柱化の一環で「学園花通り」の電柱の埋設工事がされて、電線がなくなった事で写真スポットとしても、その景観が一段と飛躍した。  
市の無電柱化の計画➡︎ 

その後令和2年6月1日からは、関西学院周辺が景観地区に指定された➡

甲東梅林
学園花通りから見える甲東梅林は、昔の果樹園の名残り

この学園花通りの桜は、昭和28年に上甲東園に引っ越してこられた元・西宮署長だった林勇さんが、こつこつと自費で植えられたもの。
そしてその林さんの娘さんは、1990年まで関学前で『みちくさ』というお好み焼きをされていた。
その時の桜が、60年の年月を経て見事な桜並木となっている。

関連記事はこちら➡︎

Table of Contents