甲子園会館 武庫川女子大甲子園会館

YouTubeで武庫川女子大・甲子園会館の散策♪♪

街かど小ネタ

武庫川女子大学甲子園会館では、新型コロナウイルスの感染防止対策のため、一般見学受け入れが休止されている。
そんなコロナ禍も長くなり、今回『甲子園ホテル 1930~1944』『庭園散策 甲子園会館』の2本の動画が10月1日からYou Tubeで配信されている。

【配信映像について】

➀「甲子園ホテル 1930~1944」 (6分41秒) 華やかだったあの頃の甲子園ホテル時代をご案内!!

甲子園ホテルは、昭和5年(1930年)に阪神電鉄により建てられた豪華リゾートホテル。
当時は「東の帝国ホテル、西の甲子園ホテル」と並び称され、阪神間の社交場としてにぎわいました。
設計は遠藤新。近代建築の三大巨匠の一人に数えられる米人建築家フランク・ロイド・ライトの愛弟子です。
帝国ホテルの支配人を経て甲子園ホテル初代支配人となった、当時ホテル界の第一人者と言われていた林愛作の理想に基づいて計画されたものです。
空から舞い降り、正面玄関の回転ドアを通って館内に。そこはモノトーンの世界。90年前の華やかな世界をしばし覗いてみましょう。
90年を経ても美しさを保ち続けているその歴史的建造物は、現在、武庫川女子大学建築学部の学び舎として、建築を学ぶ女子学生のこの上もない教材となっています。

②「庭園散策 甲子園会館」 (4分32秒)甲子園会館の四季を通じて美しい日本庭園をご案内!!

 

竹林を抜け、園路を通って、南庭園を散策します。
サクラやモミジといった折々の花々に彩られた庭園は華やかですが、花色が少ない夏や冬もその季節でしか味わえない詩情にあふれています。
夜の帳が包むころの甲子園会館もお薦めです。
この庭園には、とてもふさわしい茶室が設えられています。「自妙庵」です。
自妙庵の躙り口(にじりぐち)をくぐって、室内に入ります。ここからゆっくりと庭園を眺めることができます。
甲子園会館の建物と一体となって景観の中に溶け込んでいる庭園の魅力をお楽しみください。

著者 : 編集部|J

投稿日時 : 2021-10-10 14:54:00

更新日時 : 2021-10-08 14:55:19

こちらの記事もおすすめです

フォローしてね〜! 西宮流channels

Instagram

follow us in feedly

西宮流の最新情報は、各種SNSでお知らせしています。 フォローしておくと、西宮流が更新された時にあなたのタイムラインに届きます。 どれでもお好きなのをフォローしてくださいね!