淡路島バーガー

淡路島バーガー

永く池田町の西宮東地方卸売り市場の一角にあった、カウンター6席ぐらいの大人気のお店が、2021年11月に西宮市久保町11-16に移転し、淡路島バーガー西宮本店として再スタートを切っている。

淡路島バーガー

2010年にオーナーの越栄基さんにお話を伺ったことがあった。

もともと雑貨の卸をやっていた越栄さんは、その仕事がらみで淡路島のおいしい素材に出会った。
仕事の関係で淡路島に通う時間が多くなるほど、淡路島のおいしい食材や素敵な人たちに出会っていくことに・・・。
「淡路島といえば、玉ねぎは有名ですが、本当に淡路島の玉ねぎは甘さも食感もすばらしいですね。でも、玉ねぎだけじゃないんですね。レタスやトマトも旨い!!」
このおいしさを広めるために何か出来ないか??と考え、好きだったハンバーガー作りに道を変えていくことに・・・。

アメリカにも行き食べ歩き、ネットを活用してお店を探して、小さいけどおいしいところにたくさん出会ったという。
そんな研究を重ねて、淡路島の食材を使った淡路島バーガーを開店させた。

いつも行列のできる大人気の店で、小さいけど気に入っていた店だったが、卸売市場の建て替えの話が決まり、 西宮市久保町11-16 に移転した。

ハンバーガーの命のバンズにもこだわったボリュームたっぷりのハンバーガーは、アルミホイルで包んであるので、いきなりギューッと潰して食べるのがおいしい食べ方。
パテは国産牛肉のミンチで、繋ぎは少量のたまねぎだけ。たまねぎを入れることで時間がたっても硬くならないのだという。直火であぶって脂を落としたパテが、淡路島の野菜とよく合う。

当時の取材記事はこちら>>

淡路島バーガー西宮本店>> 西宮市久保町11−16  11:00〜20:00  毎週水曜日定休

投稿日時 : 2021-12-06 13:33:24

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

» メルマガ登録の説明

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです

西宮ペディア カテゴリ