大阪ほんま本大賞受賞の『勇者たちへの伝言』

勇者たちへの伝言かつて、阪急ブレーブスの本拠地だった西宮球場。
その跡地は、現在阪急西宮ガーデンズという大商業施設となって賑わっていいますが、その西宮球場とブレーブスが影の主役ともなっている増山実さんの『勇者たちへの伝言』(角川春樹事務所)が 第4回「大阪ほんまもん大賞」を受賞しました。
ほんまもん大賞とは、大阪の書店と取次店が選んだ「ほんまに読んでほしい本」として選バレており、今、いろんな書店で目立つところに平積みされていたりします。

 

出版された時にすぐに読ませていただき、その後増山実さんに取材もさせていただきました。
内容に引き込まれ、一気に読ませていただいたその本が、今回「大阪ほんまもん大賞」を受賞されたと知り、改めて皆様にもご紹介します。
西宮球場から始まるの子の小説が、思ってもみなかった展開で広がり、ぐんぐん引き込まれる小説をぜひお楽しみください。
2016年7月に取材した記事はこちらから⇨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日時 : 2016-09-18 11:47:46

更新日時 : 2022-09-05 09:47:26

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

こちらの記事もおすすめです