トピックス

増山実 著「勇者たちへの伝言〜いつの日か来た道〜」

勇者たちへの伝言

放送作家の増山実さんが初めて書かれた小説勇者たちへの伝言 いつの日か来た道
が市内の書店の店頭で平積みになっている。
それもそのはず、西宮北口近辺が小説の 重要な舞台になっている。
勇者たちへの伝言 勇者たちへの伝言

仕事に疲れた放送作家・正秋が、まるで空耳のように聞いたのは「いつのひかきたみち」。それは西宮北口(にしのみやきたぐち)のアナウンスだった。

誘われるように降りた平成23年の西宮北口駅周辺に、小学生の時に父とたった一度来た西宮球場へ続く道とあの日の思い出を重ね合わせる。
球場跡にできた大型ショッピングモールの屋上で、かつての球場の思い出を探すうちに、正秋は父と球場に来た昭和44年のあの日へタイムスリップする。

そこには8歳の姿の自分がいて、そこで父の口から秘密を聞くことになる。

当時、直角に交わっていた鉄路の響きと共に、現実と非現実が交差しながら語られていく物語には、永遠という街での人と人の交差が綴られる。

勇者たちへの伝言 勇者たちへの伝言勇者たちへの伝言勇者たちへの伝言
<左二枚の写真は 文中にも出てくる阪急西宮ガーデンズ5Fのギャラリーにあるジオラマ。在りし日の西宮球場の写真は西宮市より拝借。最後の写真は2008年5月の今津線の様子です>

 校正作家だった増山さん(「ビーパップ!ハイヒール」のチーフ校正を担当)が、実際に体験した『いつの日か来た道』という空耳をきっかけに、自分の経験をもとに書かれた小説。

今年の長いお正月休みに、ぜひ読んでみられては??
懐かしい阪急ブレーブス(ブレーブス=勇者)の選手のその後の取材などもあり、小説の中に出てくる場所がハッキリと映像として浮かんでくるこの作品は、市民ならではの楽しみがきっと味わえる小説!!
小説の中に出てきたこんな所も、写真でご紹介。
日野神社 IMG_7192 日野神社

 

 

西宮風景箱

今日の写真

9月26日

マリーナパークシティ(西宮浜)震災後にできた新しい街・西宮浜のマリーナパークシティは電柱が地中化…

新着投稿

おすすめ記事

  1. 西宮市優良事業所顕彰 応募受付中
  2. 西宮北口 涼宮ハルヒの憂鬱 ファンの聖地 ハルヒ時計
  3. 鳴尾高校野球部
  4. 山澤工房
西宮北口ハウジングギャラリー
プレゼント
活性リンパオイルマッサージ ボディラボプラス
ようこそ甲子園へ
西宮風景箱 野球場のある風景 好評発売中!
西宮ストークス
西宮観光協会
西宮市
PAGE TOP