酒林(杉玉)

タグ :
酒林

酒蔵や酒屋さんの入り口によくかかっている杉の葉で作った大きな玉。
酒林(さかばやし)とか、杉玉とか、酒旗とか
いろいろな呼び方があるようだが、
「新酒ができました。」とか「ここは酒屋です。」
という印のためのもので、毎年秋に一年に一度取り替えられる。

工場の一角で酒林作り(辰馬本家酒造)

日本酒の街・西宮では、蔵元や蔵元のアンテナショップ、
日本酒関連の博物館などでよく目にする。

掲げたときはみずみずしい緑の大きな玉が、
一年すると茶色い球になっている。
白鹿記念酒蔵博物館のエントランスにも、
大きな酒林が掲げられるが、直径は70~80㎝で、
出来たてのころは60キロぐらいの重さになるという。

投稿日時 : 2020-07-05 11:39:43

更新日時 : 2022-10-01 12:51:29

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

» メルマガ登録の説明

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです

西宮流 (にしのみやスタイル) の新着記事

西宮ペディア カテゴリ