アサヒビール西宮工場

← 前のページに

1927年に清涼飲料水の工場として操業が開始され、その後ビール作りが始まった。オートメーションでビールの品質が管理されている近代的な工場だった。

そのアサヒビール西宮工場は2012年8月22日にビール製造を終了し、 1927年10月に始まった操業は85年で歴史の幕を閉じた。

アサヒビール

同工場は敷地面積は約18万5000平方メートル。
「アサヒスーパードライ」「クリアアサヒ」など6品種を生産し、関西・中国地方を出荷エリアに年間約2730万箱の生産量だったが、吹田工場に統合した。

跡地の一部は病院跡地として市が持っている他は民間に売却され、現在ホームセンターや車のディーラーなどが建ち始め、大きく変わろうとしている。

アサヒビール
2013年1月 写真の中程にタンク群が見える
アサヒビール
間近で見ると大迫力

[adrotate banner=”43″]

Table of Contents