甲山八十八カ所

← 前のページに

1798年(寛政10年)に「甲山八十八カ所」が神呪寺の周りに作られた。
四国八十八ヶ所が、当時とても遠い地で気軽に行けなかった人々のために「甲山八十八カ所」が作られたという。

甲山
コースの途中から神呪寺を望む

神呪寺の少し下の方の1番札所から始まり、八十八番目の神呪寺に戻る、周辺約2キロのコース。
約2キロとはいえ、一部滑りやすい山肌があったり、車道で分断されているところもあったり、たまにイノシシと遭遇することもあるので注意して歩こう。

2012年3月には、西宮歴史調査団調査報告書第一集として詳細な『甲山八十八ヶ所』が、教育委員会から発行されている。
詳細な地図などもありガイドブックとして読みごたえがある。

また、この甲山八十八ヶ所の他にも、市内には八十八ヶ所があるので その記事はこちらから>>

甲山大師 神呪寺 こちらの記事もどうぞ >>>

Table of Contents