神呪寺

甲山大師 神呪寺

歴史 神社仏閣

タグ :

甲山大師の名で親しまれている神呪寺は、甲山の中腹にあり平安時代初期に淳和天皇の妃の如意尼が弘法大師を招いて開創したと伝えられる。
弘法大師が如意尼をモデルに彫ったという伝説のある木造如意輪観音坐像は国指定重要文化財で「日本三大如意輪」ともいわれ、毎年5月18日の公開帳には多くの人が訪れる。
神呪寺 神呪寺

かなり長い階段をのぼってたどり着く境内からの眺めはすばらしい。大阪の高層ビル群のはるか向こうには、生駒山、二上山、信貴山の山並みが連なる。元旦には、ここからのご来光を待つ人も多い。
神呪寺

12月31日 除夜の鐘はまず甲山百八会の人が鐘をつき始め、108つ目を住職がついた後は一般参詣者も鐘をつけるので、一晩中鐘の音が聞こえる。

神呪寺

1798年(寛政10年)に「甲山八十八カ所」が建立されている。
当時、遠い地であった四国八十八カ所から各札所の砂を持ち帰り「甲山八十八カ所」が作られた。神呪寺の少し下の方かから1番札所が始まり神呪寺周辺の約2キロをめぐることになる。
一部、車道で分断されているところもあるが、神呪寺で略図がいただけるのでそれを片手に歩いてみよう。(但し たまにイノシシと遭遇することもあるので注意が必要)

神呪寺


神呪寺 
神呪寺

神呪寺

著者 : 編集部|J

投稿日時 : 2017-05-19 21:16:27

更新日時 : 2018-03-11 20:37:09

こちらの記事もおすすめです

フォローしてね〜! 西宮流channels

Instagram

@nishinomiya.style
follow us in feedly

西宮流の最新情報は、各種SNSでお知らせしています。 フォローしておくと、西宮流が更新された時にあなたのタイムラインに届きます。 どれでもお好きなのをフォローしてくださいね!