ウラジロノキ

ネットがつなぐ北海道のリンゴと山口町のウラジロノキ

街かど小ネタ

最近は、自治会でwebサイトを立ち上げるところも増えてきているようだが、西宮市山口町ではもう10年以上前から『西宮山口』というサイトで情報発信を続けている。

元々は、さくらやまなみバスが開通したこともあって、バスに乗って山口町に来て欲しい!!という趣旨で開設されたもの。
山口の歴史や季節の見どころなどが丁寧に発信されていて、年間、結構なお問い合わせが舞い込むサイトになっている。

今回は北海道大学の教授から「丸山にあるウラジロノキの花と花粉の採取をしたいが、どこに許可を得ればいいか??」というお問い合わせ。

丸山のウラジロノキ
ウラジロノキの葉

リンゴの近縁種にあたるウラジロノキとリンゴの交雑親和性を学生が研究されていて、すでにウラジロノキの自生が確認されている丸山で、この木から花と花粉を採取する調査を行いたいとうのが主旨。
全国のウラジロノキを調べているが、花を採取するには、土地所有者や所有団体の許可を得ることが必要なので、西宮山口のwebサイトを見て、ここなら必要な手続き方法がわかるのではないかということでお問い合わせにつながったようだった。

立ち上げ当初から「西宮山口」のwebサイト>>を西宮流がお手伝いして来たが、一つのハイキング記事がこんな風に広がって繋がるって、本当に面白い♪♪

いろいろやり取りした結果、今年は丸山のウラジロノキに花が少なかったことから、残念ながら北海道からの来訪はなかったが、どこかのウラジロノキがリンゴ栽培の研究に役立ったのだろうか??

丸山は標高379mで、かつては山口城(丸山城)があった山口町のシンボルの山。
山頂には、丸山稲荷の奥社もある。
コバノミツバツツジが咲く春は、眼下に見える金銭寺湖を見下ろすロケーションがとてもいい。

コバノミツバツツジが咲く頃の丸山から金銭寺湖を望む

そんな丸山は、今から数年前に神戸大学の調査で木に名前の札が下がっている。
今回お問い合わせをいただいた時、地元の方々でもウラジロノキになじみがなかったが、小さいリンゴの形をした実がなるというこの木が、今回のお問い合わせがきっかけでとても気になる木となった(^_-)-☆

西宮市は南北に長い街。西宮市山口町のことなら「西宮山口」のwebサイト>>をご参考に♪♪
新緑の丸山を歩く時には、ぜひこちらのページもご参考に>>
まさに今が、いい季節♪♪
木の名前も確認しながらのハイキングはいかが??

著者 : 編集部|J

投稿日時 : 2022-05-05 13:22:00

更新日時 : 2022-05-05 13:46:38

こちらの記事もおすすめです

フォローしてね〜! 西宮流channels

Instagram

follow us in feedly

西宮流の最新情報は、各種SNSでお知らせしています。 フォローしておくと、西宮流が更新された時にあなたのタイムラインに届きます。 どれでもお好きなのをフォローしてくださいね!