地元が守る地元の景観/彼岸花の追植え

自然 街かど小ネタ

西宮流が寄贈した彼岸花の球根をきっかけに、山口地域の活性化の一端として、兵庫県の「阪神南地域づくり活動応援事業」の適用を受け、平成25年から3年計画でなんと約6500球の彼岸花を地元の方々が植え続けて来た。
今では、お彼岸の頃の山口町の風物詩となっている。

彼岸花 有馬川緑道

草の管理などもされて大切に守ってきたこの彼岸花。
昨年、朝日新聞でこの彼岸花のことが記事になり、それを見た読者の方から200球の球根の寄贈があり、仮植えしていたものを「西宮山口ホームページ」の制作部会や上山口自治会の方々などで緑道に植えられた。

硬くなった土を細かく掘り起こし、たい肥を混ぜ合わせ溝と畝が作られ、球根が植え付けられる。

さらに増えて見ごたえのある彼岸花の季節をお楽しみに待ちたい!

山口町のことは、地元の方々が発信するWEBサイト『西宮山口』で>>

著者 : 編集部|J

投稿日時 : 2021-07-27 10:40:00

更新日時 : 2021-07-28 10:51:11

こちらの記事もおすすめです

フォローしてね〜! 西宮流channels

Instagram

follow us in feedly

西宮流の最新情報は、各種SNSでお知らせしています。 フォローしておくと、西宮流が更新された時にあなたのタイムラインに届きます。 どれでもお好きなのをフォローしてくださいね!