2020年(令和最初)の『福男』決定!!

西宮神社 福男

2020年、令和最初の年の福男が決まった。
今年はこの三人が、えべっさんの福を届けてくれる。

一番福:高校の体育の先生の黒木さん。13回連続参加しているがクジでAグループを引いたのは今回が初めて。Aグループ108人の内31番クジ。(前から3列目あたり)
「こけないように・・・という事だけを注意して走った。」

二番福:市立西宮高校の1年生の藤本さん。短距離が専門の陸上部。100m11秒台前半で走るという。市内在住の二番福は連続二年。
クジ番号が67番だというから、スタートは結構後列。(これほどの後列からの福男はいままでになかったのでは??)
あちこちで転倒している人ゴミにも巻き込まれず、かき分けて走れたのだろう。
「230mあったが、長くは感じなかった。まさか福男になれるとは思ってもいなかったのでびっくりしています。」

三番福: 川崎から参加した川畑さん。
クジ番号7番なので第一列目という絶好の位置。スタートダッシュで飛び出していたようだが、残念ながら第一コーナー過ぎたあたりで一番福の人にかわされた模様。
「変化のきっかけを作りたかったので参加した。」

開門直後の動画はこちらから➡
やはり転倒する人も多く、参加される方にけがのないようにといつも祈っています。

大勢が駆け抜けて行った参道には、いろんな物が・・・・

西宮神社では10日の午前0時に神社の全ての門が閉ざされ、中では忌籠が行われ、その後の午前4時に 十日えびす大祭 が斎行。
開門神事・福男選びは、一目でも早くえべっさんにお参りしたいという、走り参りがルーツと言われている。

十日戎の記事はこちら➡︎

投稿日時 : 2020-01-10 10:49:54

更新日時 : 2022-09-05 09:50:51

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

こちらの記事もおすすめです