2023年の福男決定! 西宮神社の福男選び 3年ぶりの復活

開門神事・福男選び 2023年

西宮の老舗ウェブメディア、西宮流 (にしのみやスタイル) です。おはようございます。 ついに2023年、3年ぶりの福男が決定しましたよ!

全国のえびす神社 (えべっさん) の総本社、西宮神社で1月10日、開門神事・福男選びが行われました。2021年、2022年は新型コロナ流行の影響で福男選びは開催されず、2023年は3年ぶりに開かれました。

西宮流 (にしのみやスタイル) では現地・西宮神社を早朝から取材してきました。
Lucky man ran in Nishinomiya Shrine 2023

開門神事・福男選び 2023年
開門直前、「祝・復活」の幕が掲げられた。「全国に福よ届け」

2023年の福男はこの方たち!

写真中央:一番福の植本さん、左:二番福の北野さん、右:三番福の田中さん

一番福

一番福は大阪商業大学4年の植本 亮太(うえもと りょうた)さん。くじ番号は5番。「運試しのつもりで参加した。一生懸命やるだけ、とがんばりました」と話していました。野球部で鍛えた50m5.9秒の俊足の持ち主で、圧倒的なスピードで飛び出して一番福を勝ちとりました。

開門直後の様子。一番福・植本さんはこの時点ですでにトップに出ていた

二番福

二番福は、地元西宮に住む公務員の北野 壱真 (きたの かずま) さん。11番のくじをひき「いけるな! と確信した。門を触れる位置のスタートだった」と話していました。

三番福

三番福は大阪経済大学1年の田中 大翔 (たなか ひろと) さん。くじ番号43番、前から3列目からのスタートにもかかわらず「いける! と思った。できるだけ人の間に入るようにして走った」と話していました。

本殿にて、福男到着の瞬間
三人の福男を神職が受けとめた

今回は福男はその人自身が福が訪れるのと同時に、周りに福をふりまく存在でもあるんだそうです。福男の皆さん、周りの大切な方たちと一緒に、素晴らしい1年を過ごせますように!

副賞を贈られ笑顔の福男たち

2023年 福男選びの動画

編集した動画はこちらのリンクからご覧ください>>

https://twitter.com/nishinomiya/status/1612633880301010945
https://twitter.com/nishinomiya/statuses/1612744625168711680

»西宮流が撮影した福男選びのこれまでの動画はこちら。2009年からの動画があります。

開門神事・福男選びとは

西宮神社では毎年、1月の十日えびす (えべっさん) の本えびすの日 (10日) の早朝に、もっとも早く本殿まで参拝した人を福男と認定します。午前6時の開門と同時に門前に待ち構えた参拝者が一斉に走り出し、本殿までのおよそ230メートルを一気に駆け抜けるさまは圧巻です。

元々は地元だけの行事で、江戸時代に門前に待ち構えるスタイルが確立したといわれます。近年全国から参拝者が訪れるようになり、混乱を避けるため開門神事講社が結成され、くじ引きなどのシステムが整えられました。

福男の歴史や参加方法

西宮流 (にしのみやスタイル) では、2009年から福男選び当日の取材を続けてきたほか、歴史や参加方法など、えべっさんにまつわるあれこれをお届けしてきました。ぜひ他の記事もご覧になってみてください。

来年は福男にチャレンジしてみたい!という方はこちらの記事をご覧ください。くれぐれも、ご安全に。

前回 (2020年/令和元年) の福男はこちら。

投稿日時 : 2023-01-10 08:34:28

更新日時 : 2023-01-19 12:28:17

この記事の著者

ディレクター | M

西宮流の技術面の支援や、SEO向上などのアドバイスをしているウェブコンサルタントです。西宮生まれの西宮育ち。意外と知らない地元のことを、西宮流を通じて勉強してます。

こちらの記事もおすすめです