橋の親柱

← 前のページに

親柱とは、高欄・階段・垣根などの両端や曲がり角に立つ太い柱のこと。
橋の4角にある柱をいうが、橋のかけ替などで古い親柱が違う場所に置かれたりすることがある。
古い親柱を調べると、地域の歴史が見えてきたりすることもある。

津門集会所

西宮市津門綾羽町にある「今津集会所」の建物の前には、たくさんの橋の親柱が置かれている。
ここになぜ置かれているのか詳しくはわからないが、この近くの川が暗渠になったとか、新しく橋を変えたとかで古い親柱がここに集められたのかもしれない。

旧羽衣橋の親柱 >>>

タグ:
Table of Contents