鷲林寺

← 前のページに

天長10年(833年) 53代淳和天皇(じゅんなてんのう)の勅願(ちょくがん)で弘法大師(空海)により開かれた。

弘法大師が神呪寺創建時に寺を襲ってきた大鷲を封じ、その場所に創建したと伝えられるのが鷲林寺
毎月21日はお大師さんの日。

1月21日は初大師大祭で、ここ鷲林寺では午前11時より大護摩が焚かれ、名物の大根炊きがある。
参拝者はホクホクの大根を食べながら、一年の無病息災を願う。

多宝塔
13世紀終わり~14世紀初めの石造七十塔は市内最古の石造遺品

秋には境内もモミジが紅葉してきれい。ライトアップもされるので、鷲林寺のホームページを確認したい>>

また境内には、ミニミニの八十八ヶ所巡りがある>>

こちらの記事もどうぞ >>>

鷲林寺町界隈の記事 >>>

Table of Contents