宮水を運んだ大八車

タグ :
白鹿記念博物館 酒蔵館

灘五郷の日本酒に欠かせないのが、西宮の狭いエリアに湧く 宮水>>

昔は、その宮水を樽に入れて大八車に積んで運んでいた。

ただ、水を運んでいるので、どうしても道路に水がこぼれ大八車の車輪がぬかるんではまり込んでしまうため、その通り道には石を引いていたと言う。
(板石道>>)

白鹿記念酒造博物館酒蔵館の方に展示されている。

白鹿記念博物館 酒蔵館

投稿日時 : 2020-06-24 23:24:25

更新日時 : 2022-10-06 20:53:21

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

こちらの記事もおすすめです

西宮流 (にしのみやスタイル) の新着記事

西宮ペディア カテゴリ