NPO法人あるとパートナーシップ協定 新しいコンテンツ制作の取り組みが始まります

NPO法人あるx西宮流 (にしのみやスタイル) パートナーシップについて

合同会社西宮流 (にしのみやスタイル) は、「NPO法人ある」とパートナーシップ協定を結び、コンテンツ制作における新たな取り組みをスタートします。

私たち西宮流は、よりよい生き方や居場所を見つけるというあるの理念に共感し、コンテンツ掲載の場と制作ノウハウをご提供することで、あるの活動を支援して参ります。

このパートナーシップにより、多様で楽しいコンテンツを読者の皆様により多くお届けできるものと期待しております。どうぞ今後もご注目ください。

NPO法人あるについて

「ある」は、引きこもりなどの生きづらさを抱えた人たちに向けた居場所づくりや、多様な働き方を探るなどの活動をするNPO法人です。「当事者研究」と呼ばれる手法を大切なアプローチとして実践しています。就労支援施設で出会った利用者と職員が中心となって、2023年12月に設立されました。

»NPO法人ある noteページ

◇ 当事者研究とは
障害、差別、引きこもりなど、生きづらさを抱えた人がその問題にアプローチする手法のひとつです。苦労への対処を専門家に任せきりにするのではなく、本人が「研究者」となり、問題のメカニズムや対処法に相対するという取り組みです。NPO法人あるでは、「やってみること」が重要と捉え、あらゆる活動を当事者研究として位置付けています。

コンテンツ制作の提携、その意義について

今回始まるパートナーシップでは、あるの利用者が当事者研究の活動の一環として、西宮についての記事を執筆します。その記事の発表の場として地域情報ウェブメディア・西宮流を利用していただくとともに、西宮流スタッフから記事に対するクオリティ監修を行うことで支援します。

西宮の記事を制作するにあたっては、あるの皆様が自ら取材などを行い、それを通じて地元の皆様との交流が生まれます。
また、この機会がウェブコンテンツの制作という仕事に興味を持つきっかけになれば、自分らしい働き方を探るという意味においても、もしかしたら良い影響をもたらすかもしれません。このような場を提供することで、あるの活動をサポートしていきたいと私たちは考えています。

もちろん西宮流にとっても、この提携は大きなメリットがあります。さまざまな立場のあるの利用者の皆様が執筆にあたるため、新しい視座による多様なコンテンツを読者の皆様にご提供できます。

さまざまなコンテンツを提供予定

あるx西宮流コンテンツの第1弾として、占い師・SENさん監修「12星座のタイル占い」を本日公開しました。SENさんはあるのメンバーと交流があり、タイルアーティストにしてもつ鍋屋の女将という異色の肩書きを持つ占い師です。この占い記事は毎月お届けしていく予定です。

そのほかにもさまざまな楽しい記事を企画中です。どうぞご期待ください。

» あるの記事一覧

投稿日時 : 2024-02-01 14:09:23

更新日時 : 2024-02-01 14:09:24

この記事の著者

ディレクター | M

西宮流の技術面の支援や、SEO向上などのアドバイスをしているウェブコンサルタントです。西宮生まれの西宮育ち。意外と知らない地元のことを、西宮流を通じて勉強してます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです