西宮神社で大練塀の修復(版築工法)をジオラマで展示中!!

タグ :
西宮神社

西宮神社の赤門の両側に続く大練塀(おおねりべい)は、国の重要指定文化財にも指定されている総全長約247mの壁で、日本三大練塀の一つです。

阪神淡路大震災で被害を受け修復していましたが、劣化が目立つようになり令和元年から修復計画が立てられ、令和3年12月に完了していた。

この練塀の修復には、古来からの塀建築の特別な技法である「版築工法」で行われた。

板で枠を作り、石灰やにがりなどを加えた練り土を一層ずつ突き棒などで固めていく作業で行われた修復作業が、今回ジオラマとなって神社のえびす資料展示室で紹介されている。

1952年の修復時には、練り土の中から古銭が8枚見つかり、練塀は室町時代初期~中期にかけて築造されたと推測されていた。(出て来た古銭:元佑通宝・洪武通宝)

この工法の練塀は、中国の乾燥地帯では2000年前のものが残っていたりするが、雨の多い日本には実は適していないという。

今回の修復は東側の約70mで行われたが、水対策として足元に排水溝を設けたり、屋根に雨どいもつけたという。

現在、えびす信仰資料室では版築工法の模型が置かれ、詳しい説明が見られる。
また、江戸時代の神社の境内のジオラマもあり現代との違いなども楽しめる。*

江戸時代の境内のジオラマ
社務所の中には大勢の有名人の絵馬が飾られている。(あいみょんもあるよ♪)

投稿日時 : 2023-03-12 16:04:26

更新日時 : 2023-03-12 10:29:26

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

» メルマガ登録の説明

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです

西宮流 (にしのみやスタイル) の新着記事