カテゴリー 鳴尾

焼屋敷 鳴尾

焼屋敷(踏切)

鳴尾・武庫川女子大前駅を北側に出て、阪神の高架の沿った道を西に向いて少し歩くと鳴尾八幡神社があるが、さらにもう少し西に行くと『焼屋敷踏切跡』の説明板が建てられている交差点がある。
Read More
鳴尾一本松

鳴尾一本松

古くから 和歌などでも歌われてきた 「鳴尾の一本松」 これらの和歌には、古くは武庫の海と言われた沖を通過する船の目印や陸路を行きかう旅人たちの目じるしともなった 「鳴尾の一本松」 が詠まれている。
Read More
一本松

一本松

西宮で『一本松』というと『鳴尾の一本松』と『常盤町の一本松』が有名。 調べれば、この他に塩瀬町生瀬に『一本松』というバス停がある。
Read More
鳴尾駅

鳴尾・武庫川女子大前駅(鳴尾駅)

1905年(明治38年)に阪神本線開通と同時に開業 した駅。 鳴尾は、なるおと呼ぶ。 辰馬半右衛門氏(鳴尾の辰馬家)など鳴尾村の有力者が土地を提供し、現在地に駅ができた。 この結果、阪神電車の線路が、鳴尾駅付近で大きく南へカーブすることになった。
Read More