西宮流 用語集

甲子園浜のライオン像

← 前のページに

潮が引いた甲子園浜に現れるというライオン像がある。

甲子園浜>>では、潮が引くと戦前この辺りにあった初代阪神パーク(浜甲子園阪神パーク)の建物の残骸が現れる。
昭和18年ごろ、鳴尾競馬場を飛行場>>に転用するのに伴って壊された甲子園浜にあった初代の阪神パークは、ゴンドウクジラも飼育していたという一大レジャーランドだった。

甲子園浜

この浜甲子園阪神パークは、飛行場への転用工事として接収され、壊された施設の残骸等はそのまま浜に放置され、今でも潮が引くといろんな形の構造物が、緑色の藻を体にまとって現れる。
その頃の建物の礎石などに混じって、施設の浴場のお湯が出る装飾に使われていたのではないかというライオンの顔の形をしたものも姿を現す。

甲子園浜

近くには、野鳥の観察などもできるの『甲子園浜自然環境センター』があり、双眼鏡なども完備されているその3階には、甲子園浜の歴史を紐解く展示などもある。

甲子園浜