蘭学通り

← 前のページに

名塩の蘭学通り
名塩東口から名塩バス停に至る旧道が「蘭学通り」。
緒方洪庵の妻・八重のふるさとであり、
名塩蘭学塾があったことから、この名前となった。
名塩蘭学塾は、緒方洪庵の適塾で塾頭を勤めた伊藤慎蔵が
文久二年(1862)年に八重夫人の生家である億川家の一室で開いた。

塾のあった場所には 八重の胸像>>が設置されている。

鴨谷橋(名塩川)

名塩は大坂街道(丹波街道)の街道筋としてもにぎわい、
また名塩千軒と言われたほどの名塩和紙の里でもあった。


名塩和紙に関してはこちら>>

Table of Contents