7月21日:名塩は蘭学者緒方洪庵の妻・八重のふるさと

名塩

名塩蘭学塾のあった場所にある緒方八重の胸像です。
名塩蘭学塾は、緒方洪庵の適塾で塾頭を勤めた伊藤慎蔵が文久二年(1862)年に八重夫人の生家である億川家の一室で開かれました。
名塩東口から名塩バス停に至る旧道が「蘭学通り」と名付けられ歴史を留めています。

投稿日時 : 2023-07-21 00:00:00

更新日時 : 2023-06-02 00:19:15

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです

西宮流 (にしのみやスタイル) の新着記事