西宮流 用語集

鳴尾いちご

← 前のページに

鳴尾は暴れ川だった武庫川の氾濫でできた三角州のような土地。
川から運ばれてきた土砂でできた土地は、昔から稲作などには向かない土地だった。

鳴尾いちご
鳴尾いちご

そんな土地は、江戸中期頃から綿作りが盛んだった。
それほど水がなくても、そして砂地での栽培が可能と言うこともあって広がり、「鳴尾綿」として有名だったが、外国から繊維の長い綿が入るようになると、急速に綿づくりが廃れていった。
しかし、鳴尾が綿づくりの場所だったことを今に伝えてくれるのは、綿問屋の名残として残った布団屋の数。
今はさらに布団屋も姿を消してきているが、一時期は鳴尾に布団屋が多かった。

この綿づくりの衰退のあとに盛んになったのがイチゴの栽培。
明治30年代前半からイチゴ栽培が行われ、明治40年代に入ると鳴尾競馬場にちなんで「ダービー」とか「ハイカラ」「アメリカ」などという品種が栽培され、阪神電鉄の乗客誘致策としてのイチゴ狩りなどもあって最盛期を迎えた。
最盛期には、鳴尾にはイチゴからジャムづくりする工場などもでき大勢の人が働いたと言う。

見渡す限りがイチゴ畑であったことを、子供の頃鳴尾に住んだ佐藤愛子がその作品のなかでも綴っている。
佐藤愛子著「女優万里子」>>や、「これが佐藤愛子だ」>>

しかしそのイチゴ栽培も、1934年(昭和9年)の室戸台風で大きな被害を受けたことや戦争のための工場などの進出によって畑が減少していったことなどから、やがて鳴尾苺もすたれた。

東鳴尾駅近くの一人の生産者の方が、鳴尾いちごを育てておられたことから、2006年になって武庫川女子大学の学生達で「鳴尾苺保存会」>>ができ、生産者の協力も得て学校の近くの地域の人たちも巻き込んで鳴尾いちごをプランターなどで育てていた。

この動きが、現在では武庫川女子大の校舎内でのイチゴ作りとなり、市内のパティシエと協働してそのイチゴを使ったスイーツづくりへとつながっている。

このイチゴと同じ頃に鳴尾ではイチジク>>の栽培も盛んだった。