鳴尾新川

← 前のページに

鳴尾の新田開発のためには欠かせなかった水路で、鳴尾浄水場あたりが源流。
明治39年に東鳴尾一丁目あたりにあったレジャー施設・鳴尾百花園に関連しているのではないかと言われているが、この鳴尾新川にはとても優雅な名前の橋が多い。
(月見橋・遊覧橋・神日橋・進栄橋など)

またここでは、 原爆犠牲者ならびに震災犠牲者への追悼と世界の恒久平和を祈念する平和灯ろう流しが毎年行われている。

タグ:
Table of Contents