金仙寺湖(丸山ダム湖)

タグ :
金仙寺湖

船坂と山口町の中間にある金仙寺湖(丸山ダム)は山口町の大切な水瓶で、四季折々の景色の変化も楽しめるところ。
船坂川を丸山ダムでせき止めて出来たダム湖だが、すぐ横に金仙寺観音堂があるので金仙寺湖と呼ばれている。

金仙寺湖
秋の空がきれいな金仙寺湖

船坂川をせき止め、川沿いの民家や寒天工場、田畑などが湖底に沈み、昭和1978年(S 53年)3月に、8年の歳月を要して貯水池が完成した。
面積は約27万㎡(甲子園球場の約7倍)

堤防には桜が植えられていて花見のシーズンには賑わうが、最近は桜の木が少し弱ってきているが、水源池の横なので薬などが使えないので難しいようだ。
(倒木の恐れがあるということで桜並木が伐採。2022年8月)

この後、どうなっていくのか???


周りの山々が四季の移ろいで変化し、それを映す湖面の変化も楽しめる。

金仙寺湖
この写真は、第3回山口フォトコンテストで特選になった写真。
金仙寺湖の初日の出

金仙寺湖のすぐ横にある 丸山>>は、山口地域の住民から親しまれている高さ378メートルの山。春にはコバノミツバツツジがきれいな場所>>
角度によっては尖って見えるが、金仙寺湖からは名前の通りぽっこりと丸い形に見える。

さくらやまなみバスの最寄りのバス停:「金仙寺」バス停⇒

S48年頃の工事の様子
西宮市情報公開課提供

西宮の初日の出 こちらもどうぞ >>>

投稿日時 : 2020-06-25 23:07:33

更新日時 : 2022-10-06 20:52:41

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

こちらの記事もおすすめです

西宮ペディア カテゴリ