越水浄水場

← 前のページに

現在は浄水処理はしていなくって、阪神水道企業団から受水した水の配水だけを行っている。
入り口の横には震災記念公園と満池谷墓地がある。
場所:西宮市奥畑6-35

1924年(大正13年)、水道創設の記念で100本余りの桜が植えられた。
その後、創設30周年の時、満池谷を桜の名所にしようと桜の研究家である笹部新太郎氏の指導を受け、山桜や里桜などの苗木260本余りが武田尾の笹部氏の演習林から移された。

今でも、約120本の様々な種類の桜が楽しめる場所となっている。
水道施設なので、普段は関係者しか立ち入れないが、毎年四月の初め頃の桜の時期だけは、場内の桜を楽しむことができるようにと通りぬけが開催される。
(昭和23年から続いている。)
種類の違う桜があり、早咲き・遅咲きで笹部新太郎の愛した桜を楽しんでいただける場所。

越水浄水場
越水浄水場
浄水場施設屋上より

2011年3月の東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県女川町で、津波に流されず花を咲かせた「津波桜」の子孫が、2017年に」ここに移植されている。

S25年~30年代の越水浄水場
西宮市情報公開課提供

通りぬけの時に屋上から撮った動画➡

こちらの記事もお読みください・・・>>>

Table of Contents