阪神パークの名残り

甲子園駅

昔から、西宮は遊園地が多かった。
阪神パークも戦前には甲子園浜に近いところにあったが、第二次世界大戦の影響で壊され、1950年になって新しく甲子園球場の近くに造られていた。
動物園や遊園地(プールやスケートリンクもあった)として賑わったが、阪神淡路大震災の後入場者数が減少し、1997年には住宅展示場を併設し入場無料となり、2003年3月31日に閉園した。
現在はららぽーと甲子園>>(2004年11月にオープン)

そんな阪神パークの名残は、ららぽーと甲子園>>のエントランスの英文に記されているが、そのほかの名残はほとんどなくなってきている。

阪神パークがあった頃には、駅からの間の歩道に動物の石膏像が並んでいたが、現在、鳴尾小学区の校庭にあるライオン像はそこから移設され、今も大切にされている。

阪神パーク 甲子園
阪神パークがあった頃の駅前
鳴尾小 ライオン
鳴尾小学校にあるライオン像

また、甲子園駅前のバス停のところに長らく「阪神百貨店」と書かれた造形物があったが、それも駅前整備の中で2022年2月に大きく変化した。

阪神甲子園ボウル
甲子園阪神パーク住宅展示場
阪神百貨店の名前も消えた

阪神パークの名残といえば、阪神パークで飼育されていたレオポン>>の剥製も、リゾ鳴尾浜が閉館した後どこに設置されるのか気がかりだ。
どこかにきちんと展示されるのを願っている。

投稿日時 : 2022-02-27 20:03:21

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

こちらの記事もおすすめです

西宮流 (にしのみやスタイル) の新着記事

用語集 カテゴリ