新しくなった「春の唄」の記念碑@アクタ西宮の円形広場

アクタ

西宮北口駅と直結する商業ビル・アクタ西宮の円形デッキの北側に一つの歌碑のプレートが設置されている。

貴志邦三氏の作詞による「春の唄」の記念碑が、ここに設置されたのは2001年。
「にぎわっていた震災前の風景と震災の記憶を次の世代につなぎたい」と西宮ロータリークラブが設置し、市に寄贈した。

経年劣化で初代の銅板製の文字が読みにくくなっていたが、ステンレスで蘇えった。

作詞の貴志邦三氏(1898~19836年)は、この辺りに住んでおられたそうで、その歌詞は震災前まであった市場の様子がモデルになっているという。
春の唄の作詞者・内田元氏も西宮にお住まいだったようで、明るい歌詞とメロディが当時大ヒットしたという。



投稿日時 : 2023-04-14 13:36:20

更新日時 : 2023-04-14 14:57:14

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです

西宮流 (にしのみやスタイル) の新着記事