トピックス

西宮神社の福男選び 今年の三番福は、地元・浜脇の松下彰太さん

2016開門神事 福男選び

例年よりは暖かめの十日えびすの大祭が始まっている。
今年は土曜日からの三連休と言う事もあり、大勢の参拝客でにぎわっているが、10日の朝の開門神事・福男選びは今年もたくさんのドラマが あったようだ。
2016開門神事 福男選び 2016開門神事 福男選び
一番福は明石の水田道成さん
二番福は岡崎市の丹羽孝之さん
そして三番福は地元・浜脇の浜脇の松下彰太さん
2016年 福男選び 2016年 福男選び 2016年 福男選び

午前六時の太鼓の音と共に、表大門・赤門が開き前夜のくじでAグループを引き当てた108人が走り込んだ。
水田さんも、丹羽さんも過去に参加したがいずれもくじで外れ、今回初めてAグループとなり福男を射止めたと言う。
三番福となった松下さんは小さいころから両親と一緒にお参りしていて、走り出したのも数えきれない・・・。
くじを引くようになってからは3度目のトライで見事三番福を射止めた。
「小さいころからお参りしていた神事で、こうして福男になってとてもうれしいです!!」
2016開門神事・福男選び 2016開門神事・福男選び
前夜12時に一旦解散した後、午前四時に諸注意が始まる。あたりはまだ暗闇の中!!
2016開門神事・福男選び 2016開門神事・福男選び
6時の開門時間が近づくと、赤門の閂が抜かれ、内側で開門に携わるメンバーが「2016年の開門神事の扉が無事に開くように!」と、何度も入念なシュミレーションを繰り返す。
今年は、岩手県釜石で2月に行われている「釜石韋駄天(いだてん)競争」の主催者・釜石応援団の及川さんと、昨年の福男の近江さんのお二人も、赤門の中の開門に協力することとなった。
この「釜石韋駄天(いだてん)競争」は、震災で大きな被害を受けた釜石で避難訓練も兼ねたイベントとして企画され、昨年からは西宮神社からも関係者が現地に赴く神社公認の行事となっている。

2016開門神事 福男選び s-IMG_5073
福男が走り込んだ後、あっという間に神社の拝殿内は人で埋め尽くされる。

今日の福男選びの様子の編集動画はこちら~~♪♪

福男に向かって、直線の参道を疾走する様子!!

 

 

 

 

今日の写真

5月23日

阪神間には川の上に駅がある所が多いようです。武庫川の上には阪神電鉄の武庫川駅があります。1905…

新着投稿

おすすめ記事

  1. 鳴尾高校野球部
  2. 山澤工房
  3. 福男
  4. とおかし
西宮北口ハウジングギャラリー
西宮風景箱 野球場のある風景 好評発売中!
西宮ストークス
西宮観光協会
西宮市
PAGE TOP