今津灯台

今津灯台

大関酒蔵の長部家によって、日本酒を江戸へ運ぶ船の安全を願って1810年に建てられた。
昔は、大関酒蔵の丁稚が油をもって、毎晩点灯に向かっていたという。今は、自動点火する。

1968年には正式に航路標識として許可され、現役の木造の灯台としては日本最古といわれている。

2016年(平成28年)3月、灯台の沖で 新しい水門(津波対策として2023年完成予定) の建設が始まっていて、灯台の周りの風景も大きく変わろうとしている。

今津灯台
沖で進行中の工事を見守る今津灯台

投稿日時 : 2018-10-28 20:27:47

更新日時 : 2019-10-28 20:37:32

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです