つるてんぴーか(ツルテンピーカ)

← 前のページに

人は時に、子供の頃のたわいもない思い出が懐かしくなることがある。

甲子園球場の近くに住んでいた元子供の方からのお問い合わせで、甲子園あたりの子供が昔よんでいた「つるてんぴーか(ツルテンピーカ)」が判明した。

甲子園球場
ゲートの左上にある、銅像の台座の周りにある丸い玉

上の写真は昭和38年当時。
戦争中に供出で撤去された「外山脩造氏」の銅像の四隅を丸い玉が飾っていたが、四隅の丸い玉がピカピカだったことから、 鳴尾 ・甲子園界隈の 子供たちはつるてんぴーかーと呼んでいたようだ。

この件の記事はこちら➡︎

甲子園
ゲートの左に丸い物体が見えるモニュメント(S44年)
Table of Contents