常盤町の一本松

← 前のページに

谷崎潤一郎の『細雪』に書かれて有名になった一本松。
細雪の中ではこの「一本松」のそばに、妙子の恋人・奥畑が住んでいたことになっている。
またこの近くの「マンボウ」も 『細雪』に書かれている。

常磐町の一本松

松の下にある「一本松地蔵尊」と刻まれた石碑は、近くの用水路に架かっていた石橋であったと言われている。
この碑の上部に、出雲の藩主「堀尾茂助」の家紋である分銅型の刻印がみえる。
大坂城築城の際に刻まれたものであるとされており、このことからこの近くが 「分銅町」という地名 になっている。

松の根元には「史跡往古武庫菟原郡界傳説地」と記された石碑もある。

Table of Contents