一本松(常磐町)

一本松

市内にはあちこちに一本松があるが、そのうちの一つ。

松の根元には「史跡往古武庫菟原郡界傳説地」と記されており、この場所が、武庫郡と菟原郡との郡界であった。

谷崎潤一郎の『細雪』に書かれて有名になった一本松。
細雪の中ではこの「一本松」のそばに、妙子の恋人・奥畑が住んでいたことになっている。

松の下には「一本松地蔵尊」と刻まれた細長い石碑があるが、近くの用水路に架かっていた石橋であったと言われている。
この碑の上部に、出雲の藩主「堀尾茂助」の家紋である分銅型の刻印がみえる。
大坂城築城の際に刻まれたものであるとされている。

この分銅型の刻印から、このすぐ近くが「分銅町」という地名になっている。

投稿日時 : 2015-09-29 17:42:40

更新日時 : 2024-02-04 17:24:44

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

国産ダマスクローズのシャンプー エッセージュ

希少な国産ダマスクローズのシャンプー

エッセージュ ローズシャンプー

西宮の企業が開発したローズシャンプーです。鹿児島の豊かな自然環境で丁寧に育てられた、国産ダマスクローズ水をふんだんに使っています。髪のハリ・コシが気になる方に特におすすめ。

こちらの記事もおすすめです