マンホール(マンホールカード)

← 前のページに

マンホールは、地下の下水道や埋設された電気・通信ケーブルなどの保守点検のために作業員が出入りできるように作られた穴で、マンホール(manhole)はman(人)とhole(穴)からの造語。
要は、ふたを開けたら人が穴の中に降りていける大きさのもので、小さいものは、ハンドホールと呼ぶ。
何気なく歩いている道には実に多くのマンホールがある。

マンホールのふたの基本的なサイズは直径が約60cm。
それより小さいものもあるが、大きいものになると90~120㎝ぐらいのものもある。(二重になっていたりすることも多い)
マンホールの蓋が丸いのは、落下防止のため。

マンホールの蓋には、滑り止めもかねて様々な模様が入れられている。
幾何学的な模様も多いが、近年、各自治体の歴史や景色をデザインされたものも多い。

マンホールカード

下水道のことをもっと知って欲しいという事からできた「下水道広報プラットホーム(通称、GKP)」という団体が、この全国にあるマンホールの蓋のデザインを縦88mm×横63mmのマンホールカードとして企画し、マンホールの蓋を管理している自治体と協力して各地からたくさんのマンホールカードが作られている。
全国でその数なんと、557自治体から717種。(2020年11月現在)

マンホールカードは予約や郵送はできないという約束で、発行する自治体に足を運んで初めて手にすることができる。
そんな特別感にコレクション欲をそそられる人は少なくないようだ。

西宮市でも、2017年12月から配布している。
現在(2020年11月)、阪神甲子園駅の近くの商業施設・ららぽーと甲子園の2Fにある西宮市情報発信スペース・クリエートにしのみや>>まで足を運べばGETできる。
(火曜日定休。年末年始の休みあり。10時~18時。)
火曜日が祝日の場合は営業している。

西宮市の下水道もマンホールカードのデザインは「酒蔵」と「甲子園球場」と「西宮市の花の桜」からできている。

通常、マンホールカードの表にはマンホールの蓋のカラー版の写真。裏にはデザインの由来などが書かれているので、知らない土地のカードを集めるとその土地のこともわかる。
また表の、左下には緯度経度の数字があり、そこに行けばそこのカラーのマンホールを見ることができるようになっている。
このほかにも、表の右上や裏側の日取り下の小さな数字も、それぞれに意味のある番号になっていて、表の右下のピクトグラムなどの秘密も知れば集める楽しさも倍増!!
詳しく知りたい方はこちらから>>

西宮市内で、カラーバージョンが見られるのは二か所。
①阪神甲子園駅の南、43号線の手前のタイガースゲートの横。
②枝川と浜甲団地通りの角、シールドカッターのモニュメントの南側。

マンホールの蓋は、古くなると取り替えられていくが、道路によってはとても古いものがそのまま使われていたりもするので、下を向いて歩くと面白いデザインに出会うことができる。
少し、市内で見つけたマンホールを少し集めてみた。(下水だけではない。)

西宮市の観光キャラクター・みやたんが上水の蓋のデザインに使われ始めているが、津門中央公園の一番北側の公園の入り口にはカラーバージョンのものがある。

下水のハンドホールのカエル
Table of Contents