西宮流 用語集

津門川

← 前のページに

津門川は門戸厄神近辺から東川に合流するまでの4km弱の川。
百間樋川>>と六甲山からの湧き水が水源の小さな川だが、昔はよく氾濫していたという。

昭和13年の阪神大水害の被害は大きかったようだ。
昭和29年に現在の場所に移されコンクリートの護岸となった。

西宮北口駅の北西側では 川面にイルミネーションを飾っていたこともあった
近くの幼稚園の園児が作った鯉のぼりが泳ぐことも・・・
西宮球場
阪急神戸線の南側にある球場橋>>

津門(つと)という言葉は「津=水門、門=入口」を表していて、西宮でも古くから豪族が住んだ場所。
津門の由緒を忘れないようにと、国道2号より南の津門エリアには全部 「津門〇〇町 」という表記になっている。

津門川
津門稲荷町あたりの津門川


そんな津門町を流れ、最後は東川に合流し今津港に流れ込む津門川は、さくらもきれいな川。

ゲリラ豪雨
ゲリラ豪雨などで満水に近くなった時の様子(阪急神戸線より上流)

武庫川から取水された百閒樋川も津門川に流れ込んでいる。
百間樋 こちらの記事もどうぞお読みください >>>

タグ: