カテゴリー

武庫川の桜づつみ回廊の記念碑

ふるさと桜づつみ回廊

川を身近な自然として愛し、安全で美しい県土を創出するとともに、地域交流を深めてもらいたいという願いを込めて、約5万本の桜でつなぐ「ふるさと桜づつみ回廊」を整備しました。
Read More
名塩 東山台

東山台桜通り(名塩)

2018年に、西宮市が道路名称を募集し『東山台桜通り』という名前が決まった。 国道176号~塩瀬町名塩35番先交差点までの約3.3Km。
Read More

十月桜

全体のつぼみの3分の1が 10月頃から咲き、残りの3分の2は春に咲くという1年に2回楽しめる桜。
Read More
大池

大池(甲陽園)

大正時代、大池周辺には温泉、旅館、社交場、劇場、活動写真上映館、植物園、遊園地などがあり 「東洋一の大公園」と言われ 大変なにぎわいを見せた場所。
Read More
昌林寺

昌林寺

津門西口町にある昌林寺(浄土宗)は、多田源氏ゆかりの寺と伝承。 境内には、幸寿丸の首を洗ったという明星池(首洗いの池)が残されている。
Read More

中新田川

中新田川を中心にする一帯は、江戸時代の羽島から開墾されていた。 桜町あたりの大きな邸宅の前の中新田川の流れのそばは、見事な桜並木が続く。
Read More

松山大学温山記念館(旧新田邸)

甲子園口町の景観を支えている、春には桜並木が美しい「新堀川」沿いの建物。 昭和3年に建築されたスペイン風洋館「松山大学温山記念会館(旧新田邸)」
Read More

一里山町

報徳学園の北側で武庫川と仁川に沿って細長いエリア。 桜並木が美しい住宅地。
Read More

豊楽公園

傾斜地にある公園を利用して、長ーい滑り台があり子供たちにも人気。 春には公園のあちこちにある立派な桜が、見事に花を咲かせお花見の人たちでにぎわう。
Read More
苦楽園口駅

苦楽園口駅

1924年(大正13年)10月1日に 甲陽線が開業し、翌年に苦楽園の最寄り駅という事から苦楽園口駅ができた。
Read More
片鉾池

片鉾池

明治40年に開設された香櫨園遊園地では、この池に向かってウォータースライダーが設置されていた。
Read More

鳴尾新川

鳴尾の新田開発のためには欠かせなかった水路で、鳴尾浄水場あたりが源流。
Read More