今津六角堂

← 前のページに

明治15年(1882)に地元の方々の寄付で今津小学校の校舎として建築された。
洋式の小学校建築としては長野県松本市の開智学校についで古いといわれている明治時代の貴重な建物。

この建物は、今津小学校⇒幼稚園と変遷した後、ふたたび公民館として活用されていたが、現在は今津小学校の敷地の南東の門にある。(昔の場所からは移築)
現在は使われてないが、事前予約すれば見学は出来る。

作家・野間宏はここの卒業生。
老朽化で、一旦取り壊すことが決まったが、地元の方々の熱意で現在の場所に移され、一階は『野間宏文庫』として様々な資料が置かれている。

関連記事はこちら➡

Table of Contents