11月22日~28日『創醸310周年記念酒道展』開催

今津六角堂

大関酒造が、今年創醸310周年を迎えたという。

この機会に、創醸280周年に各界で揮毫(きごう)いただいた「酒道」の名筆が、今津六角堂(西宮市立今津小学校内)で『酒道展』として展示される。

●『創醸310周年記念 酒道展』
期 間:11月22日(月)~28日(日)(土日祝日も開催)
場 所:今津六角堂(西宮市立今津小学校内))
時 間:午前10時~午後4時
※小学校内に駐車場はありません。

21人の各界の著名人の『酒道』があって見ごたえがある展示会

今津六角堂は、明治15年(1882)に地元の方々の寄付で今津小学校の校舎として建築され、洋式の小学校建築としては長野県松本市の開智学校についで古いといわれている明治時代の貴重な建物。

作家・野間宏はここの卒業生で、一階の一部には『野間宏文庫』として様々な資料も置かれている。

大関さんが集められた 「酒道」の名筆 の拝見とともに、普段なかなか入ることができない建物に入れるのも魅力に一つ。

投稿日時 : 2021-11-22 13:16:14

更新日時 : 2021-11-26 14:30:44

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

» メルマガ登録の説明

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです