NHK朝ドラ・エールに出てきた甲子園球場

甲子園球場S27


2020年4月に始まり、9月末に終わる予定だったNHKの朝ドラ・エールの放送が、今年の新型コロナ感染拡大の影響で11月末まで伸びています。
福島出身の古関 裕而さんがモデルですが、西宮と少し関係があります。

10月の最終週は、昭和23年頃の甲子園球場が出てきましたね!!
一日だけかと思ったら、何度も出来て、一市民としても感激です。
実際に甲子園球場でも撮影されていたんですね(^_−)−☆

6月下旬に放送された時には、今では「六甲おろし」と呼んで愛唱されている古関裕而さんの「大阪タイガースの歌」(1936年2月当時)の誕生のシーンが、掛布さんの出演で放送されていましたが、古関さんは全国高等学校野球選手権大会の歌として今もお馴染みの曲の「栄冠は君に輝く」も1948年に作曲されました。

その曲が誕生するシーンが、今日放送されました。

きっと最初の予定では、夏の甲子園が始まる時期に合わせて、このシーンが放送される予定だったんでしょうが、撮影が延期となり、おまけに夏の甲子園大会が中止になるなどという、考えてもいなかった2020年になってしまいました。

この放送に当たっては、昭和23年当時の甲子園球場がどんな様子だったのか???
きっといろいろ資料も集められたことでしょう。
CGも交えてですが、実際の甲子園でも撮影されたようです。

ちなみに、ここに掲載したのは昭和27年から昭和44年までの数枚の写真ですが、西宮市の情報公開課よりお借りいたしました。
じっくり見るとなかなか興味深いものですね。
戦後の復興期の勢いがすごかったことが見て取れるようです。

投稿日時 : 2020-10-27 08:51:19

更新日時 : 2022-09-05 15:09:12

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

» メルマガ登録の説明

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです

西宮流 (にしのみやスタイル) の新着記事