茅の輪

西宮市内の神社の夏越大祓式と茅輪神事

トピックス 文化・芸術

タグ :  

大祓とは日本人の伝統的な考え方に基づくもので、心身の穢れや過ちを祓い清めることを目的としていて、6月と12月の年に二度あり6月を夏越の大祓という。

大祓詞を唱え、人形(ひとがた=人の形に切った白紙)で、身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため茅や藁を束ねた茅の輪(ちのわ)を三回くぐりながら「みな月のなごしの祓(はらへ)するひとは千年(ちとせ)の命のぶといふなり。思ふ事みなつきねとて麻の葉をきりにきりても祓いつるかな」と唱える。

新型コロナ騒ぎであっという間に半年が過ぎた今年は、茅の輪をくぐってお祓いしたいという人も多いだろうが、6月30日の神事は神職だけで行うと発表しているところもあるのでお気をつけて。

廣田神社
6月30日15:00~ 大祓式後、引き続き茅輪神事を斉行。
(参列の方は、手水舎南側にご参集下さい。)

西宮神社
6月30日16:00~ 神職のみで斎行。(一般のご参列はご遠慮ください。)

越木岩神社
6月30日19:00~  茅の輪神事は、感染症対策のため簡略化し、その後の本殿祭は神職のみで斎行。
   (6月15~7月10日 の間で茅の輪をくぐることができます

森具の宮 須佐之男神社
6月30日16:00~ 茅の輪くぐりの厄除け神事は神職のみで執り行う。
    (茅の輪が設置されている間は、自由にくぐれる。)

公智神社
6月30日15:00~ 大祓式にどうぞご参列下さい。


<甲子園 素盞嗚神社>
7月16日11:00~ 祭儀内で参列可能です!
    11:30~ 茅の輪くぐり・湯立て神楽
参列者に、いにしえの茅の輪くぐりの図とアマビエ様の絵を描いた、
素盞嗚神社特製儀式用覆面(紙製マスク)と御紋菓をプレゼント。(数に限りがあります!)
茅の輪くぐりは7月18日(土)まで可能。

上記の他にも、お近くの神社で茅の輪くぐりができるところがあるかもしれません。尋ねてみてくださいね。

著者 : 編集部|J

投稿日時 : 2020-06-15 16:53:11

更新日時 : 2020-06-18 11:04:02

こちらの記事もおすすめです

フォローしてね〜! 西宮流channels

Instagram

follow us in feedly

西宮流の最新情報は、各種SNSでお知らせしています。 フォローしておくと、西宮流が更新された時にあなたのタイムラインに届きます。 どれでもお好きなのをフォローしてくださいね!