もうすぐ令和、万葉集に関係のある西田公園に行ってみた

タグ :
西田公園

4516首の歌が載っている万葉集。
その万葉集の梅の花の歌から『令』『和』の文字を選んだという。
『初春の令月にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かをら)す。』

西宮を読んだ歌も9首ある➡

この9首の歌とは別に、万葉集にゆかりのある西田公園へ久しぶりに行ってみた。

ここは、晩年、西宮にお住まいだった故犬養孝先生(1907-1998)が尽力されて昭和63年に誕生した公園。
先生が選ばれた歌と、その歌に出てくる植物が植えられ、万葉植物苑という別名も持つ。
開苑当時は、説明版69基と72種の万葉植物が植えられていたが、それから30年近くになり草花を中心に残念ながらなくなっているものもある。
もちろん万葉集に多く歌われている梅もあり、元気に青い実をつけている。
西田公園

草花はすでになくなっているものもあるようだが、木々は元気に育っているものも多い。
説明版を見ながら、万葉の歌と共に季節の花も楽しめる。
西田公園

小高い丘になっている西田公園は、昔は小高い丘の林だったという。
大昔は、このすぐ近くまで入海が迫ってきており、このあたりでも小型土錘(漁具)が多数採取されているようだ。

広田神社

広田神社境内にある1500年以上前の西宮の地図

公園の上の管理センターの前には、犬養孝先生の書による歌碑も置かれている。
<大伴家持の桃の花の歌>
西田公園

この管理センターの一角に、以前は犬養孝先生の本や万葉集に関する本が置かれていたが、今は北山緑化植物園内の図書コーナーの一角に万葉集の本棚が置かれている。

子どもたちが元気に遊ぶ姿がある公園。
今は街の真ん中にある公園だが、『令和』をきっかけに、遠く昔を偲んでみるのもいいのかも??

所在地:西宮市西田町6(阪急西宮北口駅と夙川駅の間。線路のすぐ北側)

投稿日時 : 2019-04-26 18:43:00

更新日時 : 2022-09-05 09:45:27

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです

西宮流 (にしのみやスタイル) の新着記事